子どもに読書習慣をつけたい

子どもに読書習慣をつけたい男性の子育て
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代男性日記へ

私は自分の子どもに社会の役に立ってほしい、楽しんでほしいと思っています。
そのためには広い視野や知識が必要で、読書を通じてそれらを得られるといいなと思っています。

我が家では妻の努力のおかげで子どもたちは読書の習慣が身についています。

ここでは子どもの読書習慣について考えてみたいと思います。

親に読書習慣がなければ子どもにもつかない?

子どもに読書習慣をつけたいと考える理由は2つあるでしょう。

1つは自分が良かった経験を引き継ぎたいという考え。

経験があるからこそ、自分がやってきたことを振り返ればどうやって読書習慣がついたか思い出すことができるでしょう。

もう1つは自分が後悔したからそうなってほしくないという考え。

この場合、自分自身に読書習慣の経験がありませんのでどうやったらいいかわからないと思います。

我が家では読書習慣のない妻が子どもたちに読書習慣をつけることができました。

親の読書習慣は不要、必要なのは図書館に通う習慣

妻がやっていることは毎週図書館に行って子ども向けの本を借りることです。
子どもが小さい頃からこれを続けています。

息子が小学校4年生になった今でも続いています。

本を買うより借りるのがオススメ

私はこれまで子どもに本を買ったことがありますが、子どもが小さいうちはあまりオススメしません。

子どもの成長が早いため飽きるのが早かったり、子どもに本が合っていなかったりするためです。

ももんちゃんシリーズを一気に買ったことがありましたが、一度目を通しただけのものもあったんじゃないかなぁ。

図鑑Neoシリーズは購入当時興味がなかったけど成長してきて少し興味をもったみたい。

その点図書館であればたくさんの本の中から子どもが興味を持ったものを借りることができます。
金銭面でのメリット以上に子どもにあった本を選ぶことができることのメリットは大きいです。

いかに子どもが読書を楽しいと思えるか

私の子どもたちはほっておくと常に本を読んでいます。
それは本を読むことが楽しいからでしょうね。

楽しい経験を積み重ねる

読書に対する嫌な気持ちを抱かずにいかに楽しい経験を続けるかが読書習慣がつくかどうかのポイントだと思います。

私は田舎育ちで周りに楽しいことがなかったので本の世界を楽しんでいました。

逆に大人になった今は自然の中で遊ぶ楽しさがわかったよね。

親子で読み聞かせ

親子で何か一緒にする経験は子どもにとって楽しい経験です。
一緒にやっていること自体が楽しい時間であれば子どもはそのことが好きになるでしょう。

借りてきた本を寝る前に読み聞かせるのもいいですが、図書館の中で気になった本や紙芝居を読み聞かせるのもいいですね。

紙芝居は大きく持ち帰りにくいので図書館で読んでいました。
子どもの前で読み聞かせていると表情を見ることができ、親としても嬉しくなります。

親は子どもを喜ばせる習慣がつくのかもね。

楽しいこととくっつける

図書館を通うことを習慣化するために我が家では図書館近くにあるパン屋さんで食パンを購入しています。
最近では週1回日曜日が図書館&食パン購入日です。

食パンが売り切れることがあるので予約するのですが、小4の息子が電話で予約するようになりました。

これも妻の発案でやっていることです。

妻のことを尊敬しています。
私だけだと子どもはここまで成長しなかったでしょう。

のろけ話になっちゃったけど習慣化には楽しいこととくっつけることがポイントだね。

おすすめの本を読んでもらう方法

図書館通いで読書習慣がついてくれば読書の幅を広げるために親が本を選んで購入するのもいいでしょう。

そのときにも子どもが自ら読むような仕掛けがあるといいですね。

漫画形式の本を選ぶ

漫画形式の本は喜んで読みますね。

小4の息子に買ったザ・ゴールを保育園年長の娘が読んでいたのはびっくりしました。

字は読めなくても漫画で雰囲気がわかるのが漫画形式の本のいいところです。

大人向けに作られた漫画形式の本は要点が絞られていてわかりやすくなっていますので小4の息子でも理解できるようです。

ザ・ゴールは大人が読んでも役に立つのでいいですね。
私は通常版とコミック版両方読みましたが、コミック版だと映像で入ってくるので理解しやすいですね。

子ども向けの本を選ぶ

先ほどのザ・ゴールであれば、子ども向けの本も出ています。
たしか先に子どもに見せたのはこちらの本でした。

難しい制約理論の話がわかりやすく書かれています。
ワークショップ形式のように実際に考えて書き込むタイプの本です。

実際に岸良さんにお会いしたこともありますがすごいパワーがあります。
YouTubeで動画も出ていますが、動画越しでもわかるくらいです。

奥さんともたしか一度お会いしてその後に「おとなりさん」という本を買いました。
私の子ども二人は結構長い間読んでいたと思います。
ニワトリの隣に新たに引っ越してきた誰かさんとのやり取りがすごくいい感じです。

子どもに合わせた本はサイズが大きかったり、文字が少なかったり、イラストが多かったりするので読みやすくなっていますね。

何も言わず机に置いておく

本を買ったときには私は黙って子どもの机の上に置いています。
そうすると子どもはそれに気づいて勝手に読んでいます。

親から「読むんだよ」と言うとやらされることになりますが、置いておくだけなら自発的に読むことになります。

自分が選択して読んでいるということがいい影響があるように感じます。

読んだ頃合いを見て「どうだった?」と聞くといいでしょう。

この作戦は私の息子にはすごく効果的です。
最近では意図せず私用に置いていた小説を見つけて「これ何?」と興味を持っていました。

漫画形式から少しずつ変わってきているんだね。

コメント