健康な歯になるかは3歳までで決まる!親が心掛ける3つのポイント

健康な歯になるかは3歳までに決まる!親が心掛ける3つのポイント男性の子育て
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代男性日記へ

我が子には健康に育ってもらいたいですね。
特に歯が健康だと歳を取っても食べる楽しみが続きます。

あなたが虫歯になった経験があれば自分の子どもには虫歯になってほしくないと思いますよね。

  • 赤ちゃんに虫歯を移さないために大人の唾液に注意する
  • 祖父母、友達など周りに虫歯対策していることを伝えて理解してもらう
  • 可愛さ、面倒臭さに負けないためにも子どもの将来の健康をイメージする

私の子ども二人は努力のおかげで虫歯菌は移りませんでした。

どうやったら赤ちゃんに虫歯菌が映らないようにできたのかな。

赤ちゃんには虫歯菌はいない

口元の写真を顔の前で持つ人

誰でも虫歯になるのかと言えばそうではありません。
世の中にはあまり歯磨きをしなくても虫歯にならない人もいます。

その違いは口の中に虫歯菌がいるかいないかの違いだそうです。
生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいなくて周りの大人から虫歯菌がうつるようです。

私は虫歯がありましたが、親から散々キスされていたようです。

嬉しいやら悲しいやら。

虫歯菌を持っている人から感染する

虫歯菌は虫歯菌を持った大人の唾液を介して感染します。
そしてそれが決まるのが子どもが3歳になるまでに決まるようです。

子どもが3歳になるまでは万全の対策を行う

実際、私の子どもたちには3歳までしっかり対策していました。

二人目のときは少し気が緩んで危なかった気がするけど大丈夫だったね。

赤ちゃんに虫歯菌を移さない方法

2本のハブラシをもった白衣を着た人

子どもに将来健康な歯を持ってもらうためには大人が虫歯菌を移さないことしかありません。

虫歯菌を持っている大人の唾液が入らないようにする

親だけでなく、祖父母、親戚、友達など虫歯菌感染リスクはどこにでもあります。
虫歯菌がうつるケースはこんなときですね。

食事のとき

食事中が一番虫歯菌がうつるリスクが高いので要注意です。

  • 熱いものを冷ますのにフーフーしない
  • 大人が使った箸で食べさせない
  • 食べ物の熱さを自分の口で確認した後、赤ちゃんに食べさせない

きっちり冷ましてからご飯を上げるようにしましょう。

赤ちゃんへのキス

自分の子どもはかわいいのでキスしたくなりますが、キスで虫歯菌がうつることもあります。

大人が使った食器を口に運んでしまう

子どもが大きくなって自分で食べるようになると大人が使った食器を口に運んでしまうことがあります。
大人の食器は子どものものときちんと分けて使いましょう

周りに理解を求める

抱きかかえた赤ちゃんと向き合うおじいちゃん

親はがんばっていてもたまにしか会わない祖父母や親戚はお構いなしにキスしたり、自分の使った箸で子どもに食事を上げたりします。
これでは折角の努力も水の泡です。

「虫歯にならないように箸は子どものものを使ってね」

「虫歯がうつるからキスはやめてね」

言っても可愛さに負けてキスしたりするかもしれませんが、周りに理解を求めることは大事です。

私の母は言ってもキスしようとしていたなぁ。。

やっぱり孫はかわいいから仕方ない部分もあるよね。

子どもの将来の健康をイメージする

3年という期間意識するのは大変です。
継続するためにも子どもの将来の健康をイメージしましょう。

3年の努力で将来の健康が約束されるのであれば安いものです。

最後に

3歳になるまでは虫歯菌の感染リスクがあります。
周りの大人が下記のことを意識しましょう。

  • 赤ちゃんに虫歯を移さないために大人の唾液に注意する
  • 祖父母、友達など周りに虫歯対策していることを伝えて理解してもらう
  • 可愛さ、面倒臭さに負けないためにも子どもの将来の健康をイメージする

虫歯菌の感染を乗り越えても歯並びの問題が出てきたりします。
まずは3歳まで虫歯菌のことを意識することで歯の健康についての行動を定着させてくださいね。

大変ですがその苦労は報われますのでがんばってください。

応援しています!

子どもの歯磨きに使っているのはチェックアップです。研磨剤が入っておらず、フッ素も入っているので安心です。同じシリーズで成長するに従ってフッ素量が多い商品を選んでいます。下記のバナナが小さい子用ですね。

コメント