子どもが自転車に乗れるようになるコツ

子どもが自転車に乗れるようになるコツ男性の子育て
にほんブログ村 その他日記ブログ 40代男性日記へ

今年小学生に上がる娘と話していて
「私はすぐ自転車に乗れるようになったね、パパの教え方が良かったのかな。」
と言われました。

思い返すと数回しか練習した記憶がないので、どんなコツがあったのか思い返してみました。

下準備

自転車に乗る練習より事前準備が大事。

基礎ができていれば応用ができるように、基礎体力がつくことが自転車に乗るために必要です。

三輪車でしっかり筋トレ

我が家の二人の子どもは4、5歳で自転車に乗るようになりました。
それまでの間は近くに買い物に行く時など三輪車に乗ってペダルを漕いでいました。

そうすることで足に筋肉がつきます。

三輪車には自分で漕ぐか、大人が押すかの切り替えがついています。

小さい頃は大人が押し、三輪車が楽しいと感じてもらい、成長しペダルに足が届くようになれば自分で漕ぐようにするとスムーズに移行できますね。

大人は強制せず子どもが自ら乗りたいと思うのが大事ですね。

公園まで三輪車で行くのはいいね。

ストライダーはどうなの?

ちなみにストライダーも買っていましたが三輪車の方が楽しかったようであまり乗りませんでした。
おそらくうまく地面を蹴ることができなかったから楽しくなかったのだと思います。

自転車に乗れるようになってからは地面を蹴る感覚がわかったようで娘は喜んでストライダーに乗っています。

ストライダーに乗っていれば自転車に乗れるようになるのが早いという情報がありましたが、我が家ではあまり当てはまらなかった気がします。

体に合った自転車を準備

乗り始める時期にあったサイズの自転車を購入します。
私は少し大きい自転車を買ってしまったので、足がつくようになるまでお預けになっていました。

ただ、結果的にこれが良かったのかもしれません。

早くに始めて上手くいかないより、体が大きくなるのを待ってからチャレンジできました。

早く乗りたいとエネルギーが高められる期間にもなった気がしますね。

自転車選びに失敗したのが逆に成功でした。

結果オーライ。

いざ練習

子どもと自転車の練習をすることを約束しいざ当日。
家から練習する場所までは自転車を押していきましょう。

不安を取り除く

何といっても初めてのことで子どもは不安です。
不安材料をできるだけ取り除くことで前向きにチャレンジできます。

ヘルメットを着用

コケた時の安全のためにヘルメットを着用します。

自転車に乗れるようになった後もヘルメットをしっかり着用するように最初から慣れてもらいます。
万が一の時に子どもの命を守るものなのできっちりしましょう。

我が家では膝や肘のガードまではしませんでした。
コケた時に痛くはないのでしょうが動きやすさという意味ではなくてもいいと思います。

広く人が少ない場所を選択

地面が硬い土で広い場所で練習します。
アスファルトだとこけたら痛いですし、柔らかい土や芝生だと漕ぎづらいです。

晴れの日が続いた後の休日の近くの公園で人が少ない時間帯を選びましょう。

押してあげて楽しさを味わう

まずは後ろから押してあげてサポートがありつつ自転車に乗る感覚を味わいます。
ハンドルを操作する感覚や風を切る感覚をここで身につけます。

この時間はほどほどで。

子どもは楽しいからもっと押してと言ってきます。

ずっと押すと腰が痛くなるよ

適度なサポート

サポートが多すぎても自分がやろうとしなくなりますし、少なすぎても上手くいかず嫌になります。

自主性を大事にしながら適度なサポートが必要ですね。

後ろを持ちこけないようにするだけ

大人がサポートするのは左右にバランスが崩れた時にそれを補正するだけです。
前にはできるだけ押さない方がいいです。

そういえば長男の時は押すのがメインで自分で漕がなかったからなかなか乗れませんでした。

娘の時はバランスだけ取ると前に進まなかったので、ペダルを踏み込む練習を最初にやっていましたね。
「ぐっと踏み込む!」と言いながら最初の漕ぎ出しを何度もやっていました。

漕ぐのに慣れたら自分でバランスが取れるのでそれが良かったのかもしれません。

できたことを一緒に喜ぶ

少し進めた、ペダルを漕ぐことができたなど子どもは嬉しそうな顔をします。
そんな時は一緒に「できたね」と喜びます。

そうすると子どもはもっとやろう!と練習を頑張ります。

こけても自分一人で起こさせる

何度もこけますが、子どもが自分で起こすのを見守ります。
最初は起こし方がわからないので教え、その後は子どもに任せます。

お子さんの特性によるので関わるバランスは適度に調整してください。

長男は優しく、長女はほどほどがちょうどよかったです。

ダメなら一旦諦める

できるまでやるよりは子どもが嫌になってきたらスパッとやめて別の日にした方がうまくいきました。

集中力が途切れるとこけることが多くなりますし、子どもと話して 止める と言えばそのまま公園で遊んで帰るといいでしょう。

子どもが 続ける と言えば続けます。
気持ちは尊重しつつ、「今日はいっぱい練習したしまた今度やってみよう」と言った関わりも大事です。

我が家では数メートル漕げるようになった後は自分で勝手に練習を進めて気づいた時にはいっぱい乗れるようになっていました。

子どもってほんとすごいです。

購入した自転車

ちなみに当時買った自転車はこれです。
今調べてみてこんな高いのかったのかとびっくりしています。

ここまで高い自転車は買わなくていいと思います(苦笑)

身長75~100cmだと12インチ、90~115cmだと16インチのようですね。

当時の自分になぜこれを選んだのか聞いてみたいです。

コメント